孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。


ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


スポンサーサイト

ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。


ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。

ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。


ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。

ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。


ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。

ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。


ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。


ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベルダンディー[Belldandy]

165cm、スリーサイズは83-57-84。

ウルドとは異母関係、スクルドとは実の姉妹の女神。その容姿と性格から幅広い人気を持っている。眉毛は太めで眉間がやや広い。 容姿は誰もが見とれるくらいの美貌の持ち主。また非常に小顔でありスタイルも悪くはない。容姿に関しては初期はインド人的な風貌にバンダナを巻いた姿であったが途中からはブロンドに長髪を結んだエキゾチックな姿が定番となる。

実はかなりの甘党でチョコレートなどの菓子類が好物。 「お助け女神事務所」所属、1級神2種非限定。現在を司る。螢一と共に他力本願寺に居住。日本語版では「ベルダンディー」と呼ばれているが英語圏のコミックやアニメでは「ベル」という愛称に省略されている。 ユグドラシルシステムと唯一直結している。 猫実工大には正式に入学していないが、うやむやのうちに学籍を手に入れ、螢一と一緒に通学していた。

自動車部も正式に入部したという描写はないが、入部していないとしても部員同然に扱われている。現在は正式に「WHIRL WIND」で事務員兼お茶くみ係として一緒に働いている。 当初は螢一のことを契約者として見ていたようだが、共に行動していうる内に螢一の人柄・心優しさ・懐の大きさに触れ現在は一人の男性として心から信頼し、愛している。 おっとりとした性格であるが、少し抜けている面もある。もともとは(恋愛に関して)積極的な一面や、子供っぽい一面も持っていたが、ウルド、スクルドの登場で、それらの性格はそれぞれに引き継がれた。 内向的な性格であるため極度の赤面症でもあり恥ずかしくなると顔が赤くなる。

相手の感情を色で判断する事ができる(複雑なのは分からない)。また額を相手に近づけることによって相手の過去の記憶を探ったり念力によって過去の出来事を再生させることもできる。 歌が好きで良く口ずさんでおり、その歌唱力は超一流である。だが、暴走すると周囲一帯の全てを魅了する恐るべき力を持つ(当人に自覚無し)。 家事全般が得意で家庭的な印象が強いが、天界のほうきレースで六連覇を成し遂げるなど、活動的な一面も持っている。 誰に対しても優しく接し、その有りのままを愛するため、人望は極めて厚い。また、普段は滅多に怒ることはないが、稀に本気で腹を立てた時の迫力は静かながらも凄まじく、その時はウルドやスクルドでも逆らえない。ウルドが登場したときは怒りっぽい性格になっていたが、スクルドが登場してからはまたおとなしくなった。 法術は大抵のものをそつなくこなせるが、特に風を使った術を得意とする。

鏡を使って瞬間的な空間移動を行うが、鏡以外でも光を反射する物(キーホルダーのメッキ部分など)なら可能である。また、天使・「ホーリーベル(清らかなる鈴の音)」を従えており、大規模な法術を使用する場合は、彼女にサポートを頼むことがある。 法力はかなり高く、普段は左耳のピアス(封環)で封印している。法術を使用することにより、体力も大きく消耗するため、法術を使い過ぎるとどこでも寝入ってしまう(これはベルダンディーが睡眠によって活動エネルギーを蓄えるためである)。 過去に一度、女神免許の更新を忘れて免許を失効してしまい、再発行までの一週間法術が使えなくなってしまったことがあり、この時は一週間限定で「普通の女性」になってしまった。 紅茶を好み、銘柄など、紅茶全般に造詣が深い。

酒を飲んでも酔わないが、なぜかコーラを飲むと酔って泣き上戸になる(酔っていても、困っている人の願いを叶えようとするが、法力が暴走気味となり、辺り構わず幸福をばらまいてしまった。しかし、幸福の絶対量は決まっているため、反動で起こる全ての不幸は自動的に螢一が被ることで相殺される形となった)。 螢一に女性が好意の有無関係なく言い寄ると嫉妬のあまり無意識に力が漏れてしまい、「ジェラシーストーム」と呼ばれる嵐やポルターガイスト現象などが起きる。 機械を呪文で操ったり、破壊することができるなど人知を超えた法術も使える。また動物と心を通わせる事ができ生命を持たない機械にも命を吹き込んだり対話が可能。 なお作中の人物の中で顔の変化の落差が激しいものの本編で特にそのようなことに触れる場面がないため単なる画風の変化と思われ現在ではほぼ固定されている。なおアニメ版ではほぼ一定の姿で描かれている。


ベルダンディー
ベルダンディー
ベルダンディー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
288位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。