孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



孫 悟空(そん ごくう)

身長:175cm 
体重:62kg (成人時)
誕生年:エイジ737年

この物語の主人公で、心優しき格闘青年。作中では息子悟飯や孫のパンも生まれたが、全体を通しての主人公は悟空である。育ての親である孫悟飯、亀仙人、仙猫カリン、地球の神、北の界王等、作中で最も多くの師に教えを受けており、胴着の流派マークも時期に応じて変わっていった。

元々は幼少時に地球外から送り込まれた戦闘民族「サイヤ人」であったが、地球に来たあとで頭をぶつけた事がきっかけで生来の荒々しさが消え、その後は邪気のない性格になっていったという経緯がサイヤ人編で明らかになった。ただし、サイヤ人としての「戦うことが好き」という本能からか、強い相手と戦うことを生きがいにしており、少年時代から多くの仲間やライバルとの出会いや戦いを経て、やがて地球の平和を脅かす悪と戦う存在となってゆく。

その性分ゆえに対戦相手を殺すことにはこだわらず、むしろ青年期以降はたとえ悪人であってもとどめを刺すことには反対しあえて逃がす場合もあった(ピッコロ、ベジータ、魔人ブウ(善)など)。
当初は超サイヤ人に変身すると、性格が荒く、好戦的になる。さらに一人称が「俺」になるが、精神と時の部屋での修行によって超サイヤ人状態でも平常心でいられるようになったあとは、変身後でも「オラ」と呼んでいる。


孫 悟空
孫 悟空
孫 悟空
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


スポンサーサイト

トランクス

ブルマとベジータの息子であり、サイヤ人と地球人の混血。作中において、別次元の未来からやって来たトランクスと現代に住むトランクスが登場し、育ってきた環境の違いから(鳥山がインタビューの中で明言)性格が極端に異なっている。

どちらも、それぞれの単編における主要戦闘キャラクターの1人である(劇中でのストーリーにおいては多少の共通点があることが判明した)。

純粋なサイヤ人は黒髪しか生まれないため、黒髪ではないサイヤ人はハーフのトランクスが初である。


トランクス

トランクス

トランクス
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ベジータ

ナッパ、ラディッツ、カカロット(孫悟空)とともに、サイヤ人の数少ない生き残りの一人で、惑星ベジータ爆発時には他所の星を攻めていた(ラディッツの表現では送り込まれていた)為、助かった。

幼少期から、強化型の栽培マンを一瞬にして仕留めるなど、戦闘能力の片鱗を見せており、フリーザにその実力を認められ、ドラゴンボールの存在を知り、謀反を企てるまでは、フリーザ軍所属の上級兵士として、星の地上げ等の活動を行っていた。惑星ベジータの王子で、初期の戦闘力はトップである(推定18000)。また、幼年期のベジータは前髪があるが、何故か地球に襲来した時にはなくなっている。

初登場当時ピッコロから「あのベジータとかいうチビ」と言われているので明らかに小柄な人物なのだが、その後作画の変化に伴い漸進的に体格が伸びていった。これについて当時のジャンプ関連の幾つかのインタビューなどによれば、最初作者は悟空より年下の未成年と設定し、ナッパやラディッツと違い露出の低い戦闘服だったのも、作者が少年用とイメージしてデザインしたことに起因するが、作中人物の明言が特になかったため、ストーリー展開の都合で結局変更され、ヤムチャや天津飯より一歳上になった(そのためサイヤ人編では年齢は30歳となっている)。ただし、最後まで依然として悟空よりも背は低かった(原作で見る限りブルマより背が低く、約150cm~165cmぐらいと思われる)。いずれにせよ、“大男よりチビのほうが見かけによらず強い”という鳥山明キャラの定番設定の一つといえる(このことはゲーム『トバルNo.1』でも鳥山自身が語っている)。

べジータ

べジータ

べジータ
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



孫 悟空(そん ごくう)

この物語の主人公で、心優しき格闘青年。作中では息子悟飯や孫のパンも生まれたが、全体を通しての主人公は悟空である。元々は幼少時に地球外から送り込まれた戦闘民族サイヤ人であったが、頭をぶつけた事で荒々しさが消え、その後の邪気のない性格になったことがサイヤ人編で明らかになった。ただし、サイヤ人としての「戦うことが好き」という本能は残っており、強い相手と戦う事を生きがいにしている。むやみに相手を殺すようなことは一切なく、(特に青年期以降は)悪人にもとどめを刺さず、逃がすことでよく仲間から非難される。地球の平和を脅かす悪と戦う。

「孫 悟空」という名前は孫 悟飯によって付けられたが、他のサイヤ人からはカカロット(本来の名前)と呼ばれている。しかし、本人は自分の名前が「孫 悟空」であることを何度も訴えている(ベジータから「カカロット」と呼ばれることは気にしていないようである)。また、悟空の長男の名前は「悟飯」と名付けた。


孫悟空

孫悟空

孫悟空
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
159位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。