孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



マリア様がみてる

『マリア様がみてる』(マリアさまがみてる)は、今野緒雪による少女小説(ライトノベル)。また、続刊を含むシリーズの名称。それらを原作としたメディアミックス作品の総称(後述)。イラストはひびき玲音。略称は「マリみて」。

さらにスピンオフ作品(姉弟シリーズ)として『お釈迦様もみてる』シリーズがある。

ある朝、リリアン女学園の高等部に通う平均的な1年生・福沢祐巳(ふくざわ ゆみ)は、憧れの先輩である「紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)」こと、2年生の小笠原祥子(おがさわら さちこ)に呼び止められ、制服の身だしなみを正される。このことをきっかけに、高等部生徒会「山百合会」の本部である「薔薇の館」を訪れる事になる祐巳。本作は、彼女を中心に乙女達の学園生活を描いた作品である。


薔薇たち
薔薇たち
薔薇たち
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


スポンサーサイト

白薔薇(ロサ・ギガンティア)ファミリー

佐藤 聖(さとう せい)

藤堂 志摩子(とうどう しまこ)

二条 乃梨子(にじょう のりこ)


白薔薇(ロサ・ギガンティア)ファミリー
白薔薇(ロサ・ギガンティア)ファミリー
白薔薇(ロサ・ギガンティア)ファミリー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



藤堂 志摩子(とうどう しまこ)

白薔薇のつぼみ(ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトン)→白薔薇さま(ロサ・ギガンティア)

祐巳、由乃と同学年で、1年生の時は祐巳、蔦子、桂らと、2年生では桂らと同じクラス。聖の妹で、乃梨子の姉。2年生にして白薔薇さまとなる。ウェーブのかかった長い髪、フランス人形を思わせる柔らかい顔立ちが特徴。穏やかでおっとりとした性格だが、芯はしっかりとしている。育った環境の影響からか、嗜好はむしろ和風寄りで、銀杏や百合根が好物という女子高校生としては一風変わった側面を持つ。環境整備委員会所属。

H市にある小寓寺の住職の娘だが、12歳でカトリックの教えに目覚めたことから父親に諭されてリリアンに入学した。本人は敬虔なクリスチャンだが、家の事情からミッション系の学校に通っていることに罪悪感を持っており、実家のことが知られたら自主退学する覚悟までしていた。それゆえリリアンでは自ら垣根を作り、努めて友達を求めないようにしていた。その辺りが「きれいで頭が良くて優しくて、同い年とは思えないほどしっかりしている(祐巳談)」というイメージを自ら作り上げる結果となっていた。
高等部入学直後に聖と出会い、山百合会のアシスタントとなる。実は2学期に祥子から姉妹の申し入れを受けていたのだが、その返事をする前に、聖に半ば強引に連れ出され聖の妹となったため、祥子の申し入れは断った形となった。

特技は日本舞踊で、名取である(流派・名取名は不明)。またピアノの名手であり、アヴェ・マリアなら暗譜で弾けるほど。本人はリリアン入学以来学校でピアノを演奏した覚えは無いのだが、蟹名静のクラスメイトや、入学間もない乃梨子のクラスメイトは何故かこの事実を知っていた(これは志摩子本人もどこから漏れたのか不思議に思っている)。ちなみに由乃も薔薇様を送る会でピアニカを演奏するように頼んでいる。僧侶の資格を持ち、菓子作りの得意な兄(血縁上は叔父 現在家出中)がいる。
姉の聖とは2学年離れているため、2年生ながら薔薇さまとなった。頭脳明晰でしっかりした自分の意志を持っているが、大切な人たちのこととなると臆病になりしばしば迷走していて、感じたままに行動できる由乃や祐巳を羨ましく思っている。本人は自分のことを「父親と似ても似つかない面白みの無い人間」と分析しているが、乃梨子と出会ってからは俄然前向きになり、学校のイベントを「いかに面白くするか」積極的に実践している。

2年生3学期の生徒会役員選挙で当選し、2期目の白薔薇さまを務めることが正式決定した。
なお、「キラキラまわる」において、本当の両親は彼女の乳幼児期に亡くなっている事、現在の両親は、本来ならば彼女の祖父母に当る存在であることを乃梨子に告げている。


藤堂 志摩子
藤堂 志摩子
藤堂 志摩子
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



黄薔薇(ロサ・フェティダ)ファミリー

鳥居 江利子(とりい えりこ)

支倉 令(はせくら れい)

島津 由乃(しまづ よしの)

有馬 菜々(ありま なな)

黄薔薇(ロサ・フェティダ)ファミリー
黄薔薇(ロサ・フェティダ)ファミリー
黄薔薇(ロサ・フェティダ)ファミリー
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



島津 由乃(しまづ よしの)

黄薔薇のつぼみの妹(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトンのプティ・スール)→黄薔薇のつぼみ(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン)→黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)

剣道部副部長(3年生時)

祐巳、志摩子と同学年で、2年では祐巳、蔦子、山口真美らと同じクラス。令の妹で、江利子の孫。令とは従姉妹で幼馴染(2人の母はリリアンOGで、元クラスメイト)。
元は心臓に持病を持つ病弱な美少女で、初等部からたびたび学園定番のイベント(運動会・体育祭、修学旅行など)を欠席していた。そのために毎年クラスでも影が薄く、同学年も含めて周囲の生徒からは礼儀正しくしとやかで、模範的な『妹』像と思われていた。しかし、実際には超が付くほどのアクティブかつ攻撃的な性格で、池波正太郎の時代小説(剣客譚等)やスポーツ観戦を好む。心臓手術で健康を回復してからは、地であるところの内弁慶が表にまで出る、「イケイケ青信号」な性格となった(祥子は「飛ばしすぎ」と評している)。

祐巳とは自他共に認める親友で、学校では祥子以外に祐巳を呼び捨てにした唯一の人物(『黄薔薇革命』の冒頭で蔦子も祐巳を呼び捨てにしているが、これは祥子の真似をしてふざけて言ったもの)。

健康になったことで2年生の1学期半ばに剣道部に入部したが、基礎体力そのものが不足しているので、田沼ちさとによる指導監督のもと基礎トレーニング中心の部活動生活を送っている。そのせいか剣道の腕前はあまり上達しておらず、2年生の終わり頃になっても部内で「一番ヘタクソ」と言われている。サボりがちで半ば「幽霊部員」と化していたが、3年に進級後は副部長に就任。

非常にやきもち焼きだったり、思いつき中心の言動はやや子供っぽい部分もあるが、直感に基づく行動力で山百合会をより活動的な組織にしている(このあたりは志摩子と好対照といえる)。姉である令とは距離を置こうとしながらも、内心では令に相当依存している。姉の姉である江利子とは令を挟んだライバルのような関係で反発心を持っている。江利子に妹問題を追及された折に意地を張った結果、有馬菜々と知り合う事となった。

2年生の3学期に生徒会役員選挙で当選し、次期黄薔薇さまになることが正式決定した。
姉である令の卒業式の直後、令と江利子、及び新旧山百合会メンバーの前で、進級前の菜々に、妹になってください、と申し込み、正式な姉妹となった。当然ながら、まだ中等部の生徒にロザリオを渡したのは前代未聞の事である。


島津由乃
島津由乃
島津由乃
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



紅薔薇(ロサ・キネンシス)ファミリー

水野 蓉子(みずの ようこ)

小笠原 祥子(おがさわら さちこ)

福沢 祐巳(ふくざわ ゆみ)

松平 瞳子(まつだいら とうこ)


紅薔薇
紅薔薇
紅薔薇
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



松平 瞳子(まつだいら とうこ)

紅薔薇のつぼみの妹(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトンのプティ・スール)→紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)

初登場は単行本第9巻「チェリーブロッサム」。祐巳の1年後輩で乃梨子と同じく1年椿組に在籍。演劇部所属。長い髪の両側につくった縦ロールの髪型が特徴的で、作中では聖などに「電動ドリル」と例えられていて、ファンの間でも「ドリル」と呼ばれることが多い。

祥子とは遠縁の親戚で、柏木優とは従兄妹に当たる(瞳子の母は、優の父の妹)。気の強い性格で祥子のことを慕っており、祥子のことを「祥子お姉さま」と呼んで祐巳を挑発するなど、祐巳に対しては当初軽く見ていた節があった。しかし、次第に祐巳のペースに巻き込まれ、押し切られるように山百合会の仕事を手伝うことになる。

演劇部では、1年生ながら文化祭公演のメインキャストに抜擢されるなど、女優としての才能に優れている。なお、初登場時と現在(祐巳とのデート後)では性格がまるで別人である(特に祐巳に対する姿勢)。

クラスメイトや祥子には愛くるしく振舞うが、実は全て演技。実際は義理の両親を大切と思う繊細な性格だが、誰かに頼る事や同情される事を嫌う性格から本質を隠す。瞳子との不安定な関係を解消したいと願う祐巳からの姉妹の申し込みを、「自分に対する哀れみ」と誤解して断ると、突如、生徒会役員選挙に立候補するが落選。それまでの経緯からクラスで浮いた存在になり、挙句に祐巳に怒りをぶつけ、祥子の失望を買い孤立無援に陥ってしまう。葛藤の末、乃梨子の助けでなんとか立ち直って、祐巳に謝罪して妹にしてほしいと懇願、また、自分の生い立ちを包み隠さず打ち明けた。そして、祥子の立会いのもと、祐巳のロザリオを受け取り正式に姉妹となる。同時に祥子の孫になる。


松平瞳子松平瞳子
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



小笠原 祥子(おがさわら さちこ)

紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)→紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)

リリアン女学園の2年生(初登場時)。全校生徒のあこがれの的、紅薔薇のつぼみ(後に紅薔薇さま)であり、小笠原グループの一人娘という生まれながらのお嬢さま。学園一の潔癖性で、身だしなみには特に厳しい。基本的には真面目で自他共に厳しい性格なのだが、お嬢様育ちのためか、わがままな一面があり、また一般的な世間の常識が欠落していることも多い。しかし、生まれながらに持つ高貴さ、優雅さで、祐巳をはじめとする多くの少女たちを惹きつけている。

家族や親族の素行、さらには従兄で許婚の柏木優を原因として、極度の男嫌いに陥っている。このことは身内以外にはあまり知られていない。しかし、祐巳たちの尽力もあって、少しずつ改善されてはいる。

お姉さまである水野蓉子には、稀に反発するが基本的には頭が上がらない。高等部入学直後まではさまざまな習い事を日々掛け持ちしていたが、蓉子と初めて話した数日後には全て辞めてしまった(蓉子が指示したわけではなく自ら辞めた)。
自分には無いものを持つ祐巳のことをとても愛しく思っているが、素直に態度に示せないことが多く、この部分には自分でも苦悩しているらしい。時折、祐巳と互いの思いが擦れ違うこともあるものの、一つ一つ克服して逆に2人の絆を強めることになる。同学年で同じく山百合会に属する支倉令とは親友。

祐巳に「私の妹になるように」と申し出る少し前には、藤堂志摩子に「私の妹にならないか?」と申し出ていた(互いの相性が良いかどうかは関係なく、山百合会人材確保のために)が、志摩子が佐藤聖の妹になることを選んだため断られた形になった(正確には志摩子が祥子にその返事をするよりも先に、聖が志摩子にロザリオを渡したのでそうなった。また祥子自身は、そのほうが良いと考えた蓉子たちの策謀に乗る形で動いた)。

山百合会の会議で文化祭の演劇に関して薔薇さま達と対立し、「2年の秋にもなって妹の一人も持てない人に発言権はない」などと言われて逆上。頭に血が上って部屋を飛び出したところで祐巳とぶつかり、これ幸いと名前も知らない祐巳を「妹にする」と宣言。しかし、困惑した祐巳に断られてしまうも、薔薇さまたちの賭けに煽られ、祐巳を妹にしようと動く。その後様々なことを経て、文化祭の夜、マリア像の前で祐巳に再び姉妹の申し入れをし、祐巳もそれを受け、晴れて正式に姉妹となる。
従兄の柏木優とは婚約者の間柄であったが、3年生の正月に婚約を正式に白紙撤回した。
高等部卒業を前にして自動車普通免許を取得し、高等部卒業後は祐巳のいるリリアン女学園に残ってリリアン女子大に進学する道を選んだ。


小笠原祥子
小笠原祥子
小笠原祥子
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



福沢 祐巳(ふくざわ ゆみ)

紅薔薇のつぼみの妹(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトンのプティ・スール)→紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)→紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)

本編の主人公。物語は、祐巳の憧れである紅薔薇のつぼみこと2年生の小笠原祥子に呼び止められたことをきっかけに始まる。

初登場は単行本第1巻でリリアン女学園の高等部1年桃組。セミロングの髪をリボンで二つに縛った髪型がトレードマークで、リボンにはこだわりがあるのか毎日違うものをつけているようである(アニメ版では12種類のリボンが確認されている)。幼稚舎からリリアンに通う、自称「チャキチャキのリリアンっ子」だが、容姿も中身も成績も平均的で特に目立ったところのない平凡な生徒であることから、自称「小心者の一般庶民」とも。性格は素直で前向きだが、思い込みや心境変化が極端で激しい。また、その素直さゆえに感情が顔に出やすいため「百面相」とからかわれたりすることも多い。また、かなり涙もろい。

当初は、様々な分野で秀でた人物が多い山百合会の中でも良い意味で異色の存在とされるが、2年生に進級し薔薇のつぼみとなったのを機に、「親しみやすいアイドル」として下級生から絶大な人気を誇るようになるも、当人は鈍感なため自覚が無い。弟の祐麒が通う花寺高校にもファンがいる。
瞳子とは一時、ギクシャクした関係になってしまうが、紆余曲折を経てバレンタインイベントで瞳子から妹にしてほしいと申し込まれ、瞳子と正式に姉妹となる。


福沢祐巳
福沢祐巳
福沢祐巳
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



藤堂 志摩子(とうどう しまこ)

白薔薇のつぼみ(ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトン)【第1巻「マリア様がみてる」〜第8巻「いとしき歳月(後編)」】
白薔薇さま(ロサ・ギガンティア)【第9巻「チェリーブロッサム」〜】

祐巳、由乃と同学年で、1年生の時は祐巳、蔦子、桂らと、2年生では桂らと同じクラス。聖の妹で、乃梨子の姉。2年生にして現白薔薇さま。

ウェーブのかかった長い髪、フランス人形を思わせる柔らかい顔立ちは乃梨子曰く「絶世の美少女」。穏やかでおっとりとした性格だが、芯はしっかりとしている。
育った環境の影響からか、嗜好はむしろ和風寄りで、銀杏や百合根が好物という女子高校生としては一風変わった側面を持つ。


藤堂 志摩子
藤堂 志摩子
藤堂 志摩子


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
953位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
195位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。