孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



インデックス(Index)

本名:不明(魔道書図書館としての正式名称は「Index-Librorum-Prohibitorum(禁書目録)」)
身長:148cm
年齢:不明(見た目は13,4歳程度)
国籍: イギリス
出身地:ロンドン
サイド:魔術サイド
所属:イギリス清教 第零聖堂区「必要悪の教会(ネセサリウス)」
職業:シスター及び魔術師・魔道書図書館
住居:学園都市第7学区 とある高校の男子学生寮(上条の部屋)
魔法名:「Dedicatus545(献身的な子羊は強者の知識を守る)」

腰まで届く程の長いストレートの銀髪とエメラルドのような緑色の瞳、白い肌に小柄で華奢な体格。整った顔立ちをしており、上条曰く肌や髪からわずかに甘い匂いが香っている。服装は常に純白の布地に金の刺繍が施され高級なティーカップに似た印象の修道服(「歩く教会」)で、数十本もの安全ピンで布地を留めて着用している。

外見に似合わず非常に食欲旺盛かつ大食いで、腹を空かせて食事をねだることが多い。反面、空腹がいつまでも満たされないでいると機嫌が悪くなり、その矛先は主に上条に向かう(実際、原因の大部分は上条にあるのだが)。シスターなので本来嗜好品や食欲への執着は禁じられているが、本人は修行中だから仕方ないとして後ろめたさを感じつつも誘惑を断てずにいる。好き嫌いは特に無くとにかくよく食べ、数人前の量を一気に食べ尽くし周囲の人間を呆れさせる事もよくある。

この食欲については、後述の完全記憶能力による膨大な記憶量の影響で脳が大量のエネルギーを必要としているからという見方もある。それゆえか食べても太らない体質なのかは不明だが、大量に食べても彼女の体格に変化は見られない。

天真爛漫かつ若干わがままな性格で、子供っぽい言動が目立つ。しかし根幹の部分では誰かが傷付くのを嫌い、人を守るためなら自分の身を顧みず、「禁書目録」という凄絶な宿命を笑って受け入れる芯の強さと優しさ、献身の心を持っている。

姫神曰く「誰かに助けてもらうべき特別な才能も知識も兼ね備え、側にいるだけで他人を幸せに出来る心の持ち主」で、ステイルも「(インデックスの)傍若無人に見える振る舞いは全て誰かの為」であると語っている。普段はシスターらしからぬ振る舞いが多いが、絶望的な状況でも「祈りは届く」として決して諦めないなど、篤い信仰心や深い慈愛の精神も見せる。


インデックス
インデックス
インデックス
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


スポンサーサイト

青春学園中等部

本作の主役校。東京都内にある。通称「青学(せいがく)」。シングルスの強さは全国屈指である。ダブルスは、大石・菊丸のみが固定ペアであり、その他は不規則にダブルスを組む。男子テニス部は激戦の末、団体戦無敗で全国大会優勝を果たした。

新テニスの王子様で催されている高校日本代表候補(U-17選抜)の合宿にはレギュラー9名が参加している。

モデルとなった学校はサレジオ学院(神奈川県)であるとされている。校舎のモデルは松陽高等学校(鹿児島県)。


越前リョーマ(えちぜん - )
手塚国光(てづか くにみつ)
大石秀一郎(おおいし しゅういちろう)
不二周助(ふじ しゅうすけ)
菊丸英二(きくまる えいじ)
乾貞治(いぬい さだはる)
河村隆(かわむら たかし)
桃城武(ももしろ たけし)
海堂薫(かいどう かおる)

青春学園中等部
青春学園中等部
青春学園中等部
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



跡部景吾(あとべ けいご)

身長 175cm
体重 62kg
誕生日 10月4日
血液型 A型
学年:3年(部長)
利き腕:右
プレイスタイル:オールラウンダー

氷帝学園テニス部200人の頂点に立つ男で、「オールラウンダーの中のオールラウンダー」と呼ばれる凄腕のプレイヤー。氷帝コールの考案者でもある。実家は学園に多額の寄付を行っている「跡部財閥」で、テニスの本場である英国育ちの帰国子女。このため数カ国語に堪能であるなど頭脳明晰で、学園の生徒会長も兼任している。

一人称に「俺様」を用いるなど傲慢かつナルシストな性格だが、その実力と天性のカリスマで入学当初から部長を務めている(前年の都大会決勝で手塚は当時の氷帝テニス部長に勝利しており、跡部との対戦は関東大会一回戦が初めてという発言と矛盾している)。

そんな彼だが、英国時代は同年代の選手達との余りのレベル差に苦汁を舐めてきた過去を持つ。そこで彼は、対戦相手の弱点を見抜く「眼力(インサイト)」と、その弱点を徹底的に攻める超攻撃型のプレイスタイルに開眼。豊富な練習量でスタミナを身につけてからは、相手をひれ伏させ楽しむために持久戦を挑むプレイスタイルに変化した。勝負ごとには非情なほどの冷徹さで対しているが、その反面、時折テニスや仲間に対して熱い感情を覗かせる。 自ら「美技」と称する技を数多く持ち、その中でも1打目のスマッシュで相手のラケットを弾き、返ってきた2打目の打球で確実にスマッシュを決める「破滅への輪舞曲(ロンド)」(アニメでは、真田がストロークで相手のラケットを弾き、跡部がスマッシュを決めるアレンジ技「破滅へのタンゴ」がある)が得意技。

青学と立海の決勝戦でリョーマと真田の試合を見たことで奮起、トレーニングと特訓を重ねた結果、「ドライブC」と同じくイレギュラーバウンドを利用した跳ねない「タンホイザーサーブ」(初出はアニメで、原作に逆輸入された)、リョーマの「サムライゾーン(不完全)」の回転を見抜くほどの「眼力(インサイト)」、相手の死角を的確に捕え、真田の風林火山(山)をも破った「氷の世界」などの技をあみ出した。また、自身の技に対する対策も怠っておらず、リョーマが「無我の境地」で使った「タンホイザーサーブ」を「フロントフットホップ」というステップを用いて返している。その他にも不二の「羆落とし」や甲斐の「海賊の角笛(バイキングホーン)」といった他人の技も使えるが、本人曰く「素(無我の境地なし)でできる」。 関東大会初戦S1で、左肩を痛めながらも戦った手塚に激戦の末勝利。その後、開催地枠で出場した全国大会の準々決勝ではS1でリョーマと対決。「タンホイザーサーブ」と「氷の世界」でリョーマを翻弄、無我の境地状態で繰り出した風林火山(火)を羆落としで返すなどリョーマを圧倒した。封印していたかつての超攻撃型スタイルも開放して大激戦を演じるも、タイブレークで惜敗する。

跡部景吾
跡部景吾
跡部景吾
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



御坂 美琴(みさか みこと)

本作のヒロインの一人で、外伝『とある科学の超電磁砲』の主人公。学園都市の名門お嬢様学校の常盤台中学に通う14歳。身長は上条より7センチ位低い。上条には「御坂」もしくは「美琴」(シリーズ初期には「ビリビリ」とも)と呼ばれている。しかし、御坂は上条のことを「アンタ」や「あのバカ」と呼び、名前を一度も呼んだことがない。

学園都市で7人しかいないレベル5の内の1人で第3位。ただし、第1位の一方通行や第2位の垣根帝督との実力差には絶対的なものがある。

能力は電撃使い(エレクトロマスター)。同系の頂点に位置している美琴は超電磁砲(レールガン)の異名を持つ。同系統の能力者(電撃使い)は、その威力を見せ付けられただけで力を使う前に恐怖で気を失うほど。市街地で能力を使用した際には、携帯電話や有線放送、警備ロボット、ATMなどを故障させていた。ただし、他の攻撃能力が高いレベル5の者たちと違い、他者を殺す可能性があるような攻撃は行わない。この他に電気信号を介したハッキング、砂鉄や鉄骨を自在に操る電磁力等の、汎用性の高い特技を持つ。その能力ゆえか常に微弱な電磁波を発しており、本人は動物好きなのだが動物には良く逃げられている。

お嬢様学校に通うにもかかわらず自販機への蹴りでジュースを出したり、スカートの下には短パンを着用していたり、コンビニでマンガの立ち読みを楽しんだり、年上の上条にタメ口をきいたりとその言動は勝ち気で周りからは「全くお嬢様っぽくない」などと言われる。自分の事情に白井を巻き込んだことに激怒する、上条やインデックスを援護すべく単身で猟犬部隊を相手取る等、根の部分はお人好し。またゲコ太と言う蛙をモチーフとしたキャラのグッズや、子供っぽい下着や寝間着を愛用する様な意外に少女趣味な一面も。

レベル1から数々のカリキュラムをこなして今の地位に上り詰めた努力家。無能力者のはずなのに自分の電撃を打ち消す上条を気に掛け、いつも勝負とこじつけて彼に突っかかってはいつも軽くあしらわれている。

絶対能力進化(レベル6シフト)実験の阻止や海原光貴の件を経て上条に惹かれていき、本人も16巻にてついにそれを自覚する。今ではレベル5として築き上げてきた精神と理性が粉砕されると表現されるほどの恋愛感情を上条に抱いている。肝心の上条は不運も重なり、彼女の気持ちには気付けていない。


御坂 美琴
御坂 美琴
御坂 美琴


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



インデックス

本作のヒロインの一人。魔法名はDedicatus545(献身的な子羊は強者の知恵を守る)。

イギリス清教第零聖堂区「必要悪の教会(ネセサリウス)」に所属するシスター。正式名称は「Index-Librorum-Prohibitorum(禁書目録)」。彼女を悲しませないために記憶を破壊されても「今までの自分」を演じ続ける上条、忘れられてなお決死の戦いを厭わないステイル、十字教世界全てを敵に回してまで禁忌の力を求めたアウレオルスと、19巻時点で3人の男に命がけで尽くされた経緯を持つ。
外見は銀髪碧眼の14-15歳だが、幼児体型で、正式な年齢は不詳。普段は純白の布地に金の刺繍という派手な修道服[2]を着ている。容姿を説明される際よく「純白シスター」と表現される。

完全記憶能力によって10万3000冊の魔道書の内容を記憶する、人でありながら魔道図書館。その内容は常人が見たら発狂するほど危険な物で、世界の常識(ルール)を換えるほどの価値があり、その内容を狙う追っ手は後を絶たない。そのため、魔術絡みの事件の際は、彼女の知識がもたらす影響力への危惧から、蚊帳の外に置かれることが多々ある。逃亡中にビルから落下し、上条の部屋のベランダに引っ掛かっていたことから本作の物語は始まる。上条によって己の宿命から救われた後もそのまま居候。

上条に対して不満がピークに達すると頭に噛み付く癖がある。カップ麺を作る3分間すら我慢できない食欲少女で、主に食生活で上条の頭痛の種になっている。世界各地の魔道書を読み解くために古今の語学に精通している反面、科学オンチで、特に機械関係はからっきし(ただしテレビはお気に入り)。一方で変な解釈の元、サブカルチャーやいらぬ雑学知識が増えつつある。シスターという立場から神に誓いを立てているが、食欲に負けたり、保護と称して無計画に(バリバリ日本産の三毛)猫(スフィンクス)を拾ったり、見知らぬ女性から赤ん坊を預かって来たりと、上条から信仰心を疑われている。性格は活発だが、直情的で先走りしやすく、さらには面倒臭がりで家事や炊事は一切手伝わない。

魔術こそ使えないものの、他者の詠唱に割り込みその発動や効果を阻害する強制詠唱(スペルインターセプト)や、相手の魔術の根幹を支える信仰・教義の矛盾点を徹底的に糾弾することで相手の精神を一時的に破壊する魔滅の声(シェオールフィア)を使い、魔術師が相手ならある程度の自衛は可能。またその膨大な魔道書の記憶から適宜状況に必要な情報を抜き出し、魔術的な分野での状況把握や作戦立案などを行う。

脳の85%が魔道書の"毒"に侵されており、残り15%で生きていくため年に1回記憶を消去しなければならないとされていたが、これは彼女と彼女に関わる者達(ステイル等)の裏切りを防ぐためにローラが仕組んだ特殊な魔術、首輪によるもの。同時にインデックス自身の生命及び首輪の危機において自動的に起動し魔術の解析・対応術式の発動を行う自動書記(ヨハネのペン)も仕掛けられていた。幻想殺しが首輪に触れたために自動書記が起動。聖ジョージの聖域を発動し、竜王の吐息(ドラゴン・ブレス)を放つが、上条によって首輪を破壊される。しかしこの際、竜王の吐息の余波で上条の記憶は破壊されてしまうが彼女自身は上条のついた嘘を信じているためこのことを知らない。



インデックス
インデックス
インデックス


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



弥海砂(あまね みさ、Misa Amane)

出身 - 京都府
生年月日 - 1984年(実写映画版では1986年、アニメ版では1987年)12月25日
命日 - 2011年2月14日
身長 - 152cm
体重 - 36kg
3サイズ - B76・W51・H75
血液型 - AB型
ティーン誌のモデルで、タレント、女優。

ストーカーに襲われ殺されるところだったが、死神であるジェラスに助けられる。両親を強盗(実写映画版では弟がいたものの、弟も両親と共に不法侵入した太村要一によって殺される)に殺されたが、逮捕・起訴されても裁判が長期化し、冤罪説まで浮上して苦悩していたところをキラが裁きを下してくれた経緯によりキラを崇拝・信奉するようになる。また、同時期に死神レムからジェラスのデスノートを与えられたことから、キラに接触する為に関西から上京し、「第二のキラ」として事件を起こす。その後、本物のキラである夜神月に出会い、一目惚れをする。

性格は前向きで、無知な部分が多々見受けられる。子供のように幼稚で無邪気、おどけた言動が多い(ただし、実年齢は月より年上、映画版では同じ年齢である)。殺人に対する恐怖心や罪悪感は皆無である(原作者曰く、月が彼女を躊躇い無く利用出来るのは心の中では彼女を犯罪者と軽蔑しているからだという)。しかし、月との初対面で自身の過去について語った時、「(犯人を)殺したいとも考えた…でも、それは、いけない事」と発言していることから、犯人がキラに裁かれる時までは一般人としての良識はあった模様。また、非常に無鉄砲であるが、最低限のアリバイ工作や変装など、最低限の知能と人並み外れた行動力を持つ。また彼女はいわゆるヤンデレキャラであり、月への恋愛感情はLに異常と評される程。山上たつひこの漫画作品『がきデカ』のジェスチャーをする事がある。

芸能界での愛称は「ミサミサ」であり、捜査の一環としてマネージャーを務めた松田や模木などからはそう呼ばれている。また、本作品の両作者は、過去にインタビューなどで、第一部での彼女の服装がゴスロリであると公言しているが、これに関しては不明瞭な点がある。その他、露出の高い服を着ていることも多く、羞恥心は希薄であると思われる(ヨツバへ潜入するための面接では「ヌードにはなりませんが水着や下着姿までならOKです」とまで言っている)。


弥海砂
弥海砂
弥海砂


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:DEATHNOTE - ジャンル:アニメ・コミック

L(エル)

生年月日 - 1979年(アニメ版では1982年)10月31日
命日 - 2004年(アニメ版では2007年)11月5日、実写版では2006年7月30日
身長 - 179cm(推定)
体重 - 50kg(推定)
血液型 - 不明
好きなもの - 甘い食べ物
嫌いなもの - 靴下(常に履かず部屋にいるときは裸足で外に出る際も靴の踵を潰して裸足で履く)
東応大学の大学生(流河早樹名義で在籍)。入学試験では全教科満点で夜神月と同着のトップ合格をし、入学式で月と共に新入生代表の挨拶をしている。
本名 - L=Lawliet(エル・ローライト)(『DEATH NOTE 13』にて判明)

自分の気に入った事件にしか関わらないが、迷宮入り事件を含む3500に及ぶ事件を解決し、全世界の警察を動かせる唯一の存在として「影のトップ」「最後の切り札」「世界一の探偵」と呼ばれる。また、作中でLとともに「世界三大探偵」と評されるドヌーヴ、エラルド=コイルもL一人のことを指している。かつて関わったBB連続殺人事件では、これらの探偵と探偵合戦をし、名前を勝ち取ったものとされている。
キラ事件の際には、自分がLであることを悟られぬよう、日本捜査本部の刑事達や補佐役のワタリに「竜崎」と呼ばせたり、東応大学に入学した際には、作戦として流河旱樹(りゅうが ひでき)という作中に登場する人気アーティストと同姓同名を名乗るなど、様々な偽名を使用した。
自分は事件現場に赴かず、ワタリや協力者に指示を出して集めた情報や、各国の捜査機関から提供された資料、証拠などをもとに真相を推理し、事件解決の指揮をとる安楽椅子探偵だが、体力の面でもイギリス在住中にテニスのJr.チャンピオンを獲得したと語り、格闘技のカポエイラを習得している。西尾維新による小説化作品『ロサンゼルスBB連続殺人事件』では、南空ナオミからカポエラのことを聞き、ビデオを見てほぼマスターしたというエピソードが語られた。
目の下に隈があり、髪は眉が隠れるほど長く初期はパーマがかかっていた。服装は一年を通してゆったりとした白い長袖シャツにジーンズ。他人に対しては常に敬語で接する。
猫背で、親指をしゃぶる癖があり、「この座り方でないと推理力が40%落ちる」と言って、膝を曲げて胸に抱え込むような姿勢で椅子につくといった仕草の特徴が描写されている。事件解決の為の発想や行動力は豊富で、テレビを通じて「私を殺してみろ」との挑発を流したり、夜神月に近づいて自から素性を明かしたり、友達だと宣言して意表を突くといった行動を見せている。
推理の現場ではことあるごとに菓子やデザートを食べ、紅茶やコーヒーなどの飲み物には大量の砂糖を入れる。映画版や小説版では「糖分は脳にとって最も必要なエネルギー源だから」と語り、糖分の取りすぎが肥満や体調不良に繋がらないのは「頭を使っているから」だと述べた。
弥が二度も死神の目の取引をしたことや、その将来性を考慮した死神レムによってワタリと共にノートに名前を書かれ、心臓麻痺で死亡するものの、自分のパソコンに、1か月操作されないと自動的にワイミーズハウスの院長ロジャーに自分の死を伝えるプログラムをセットしておき、後の行動を託した。


L />
L />
L/>


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:DEATHNOTE - ジャンル:アニメ・コミック

夜神月(やがみ ライト、Light Yagami)

生年月日 - 1986年(アニメ版では1989年)2月28日
命日 - 2010年(アニメ版では2013年)1月28日(享年24歳)
身長 - 179cm
体重 - 54kg
血液型 - A型
好きなもの - 正義
嫌いなもの - 悪
私立大国学園高等学校の高校生のち東応大学の大学生(2003年 - 2004年)
大学院生、警察庁情報通信局情報管理課技官(2009年 - 2010年)

警察庁幹部の父・総一郎、母・幸子と妹・粧裕(さゆ:中学生)の四人家族の長男。家族の愛情にも、経済的にも不自由しない家庭環境で生まれ育つ。内に秘めた正義感と、他の追随を許さない優秀な頭脳を自負している。世の中で起こり続ける悪行に、表立った行動はせずとも苛立ちとジレンマを感じていた中で、デスノートを拾い、その所持者である死神のリュークとの出会いをきっかけにその独善的な価値観と強い自己顕示欲を表面化していき、純粋だった正義感から歪んだものへと変化していく。特異で極端な自我の正義を疑わず、デスノートを使用し続ける。

一見完璧な優等生として穏やかに振る舞い、また周囲にもそう認知されている中で、思い通りにならない事には怒りを露わにする起伏の激しい面もあるなど説明しがたい複雑な性格である。その内にはキラとしての高慢かつ独善的な選民意識と冷酷非道さも併せ持ち、キラとしての思想に対する確信を最後まで貫き通す。リュークに「死神以上に死神らしい」、「悪魔」(実写映画における台詞)などと評され、死神・レムには、「死神を超えている」と言わしめるほどの策略家でもある。自身を死刑台に送ると宣言したLに強い対抗心を抱き、Lからは「稀に見る負けず嫌い」として認識されている。基本的に一人称は「僕」。

高校在学中は全国模試で1位をキープし、さらに東応大学(モデルは東京大学)にも、Lと共に全教科満点で首席入学するなど、類い稀なる天才的な頭脳の持ち主。また、自分のパソコンから父のパソコンや警察のデータベースに痕跡を残さずにハッキング(クラッキング)が出来るなど、大変高度なクラッキング技能も持ち合わせている。さらに中学生時には、テニスで全国大会制覇を2度成し遂げていることなどから、高い身体能力をも有していることがわかる。その他にも、手先が器用、女性の扱いに長けるなど、万事に優れた才能の持ち主である。自分の監視についたFBI捜査官・レイ・ペンバーの殺害後は己の身を守るための殺人をも厭わなくなり、自分をキラとして疑う者には周到な計画の下で容赦なく粛清を加え、自称・新世界の神として、内実は独裁者として君臨する。


夜神月 />
夜神月/>
夜神月 />


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:DEATHNOTE - ジャンル:アニメ・コミック

神田ユウ (Yu Kanda)

誕生日 - 6月6日(双子座)
年齢 - 18歳
身長 - 177cm
体重 - 59kg
血液型 - AB型
国籍 - 日本
趣味 - 蕎麦打ち、植物栽培
好物 - 蕎麦と天ぷら(特にカボチャ、シシトウ、レンコン)
嫌いな物 - 群れること、ほか多数

フロワ・ティエドールの弟子。長くまっすぐな黒髪と切れ長の目の青年で、作者公認の美形キャラ。非常に短気でキレやすい性格。舌打ちする癖がある。アレンとは反りが合わず、いつも口げんかをしている。彼を「モヤシ」と呼んで常にいがみ合っているが、意見と思考が一致する時もある。彼の精神面や過去を表すような表現がほとんど取られず、謎の多いキャラクターである。

主要人物の一人であるが、クロス部隊であるアレン達とは護衛部隊が違い共に活躍する機会が少ない為、本編での出番は控えめであった。しかし方舟から教団へ帰還するそれ以降は、活躍する場が多く見られるようになってきた。アレンとも任務で行動を共にすることが多いが、リナリーやラビ、他のエクソシスト達と任務で組んで戦うことは本編ではあまり描かれていない。読者からの人気はかなり高く、『週刊少年ジャンプ』での人気投票では主人公であるアレンを押さえて1位となったこともある。一人称は「俺」。

他人との接触を嫌っており、単独行動を好む一匹狼。周囲に対する態度も厳しく、彼を良く思わない者も多いが、昔からの馴染みである兄弟子のマリやリナリー、コムイ等とは対等に接している。アレンなどから、様々なあだ名で呼ばれている。ラビからは「ユウ」と呼ばれているが、本人は名前で呼ばれる事を嫌っており、呼ばれるとかなり怒る。ティエドールにはホームにいる時のみ、「ユーくん」と呼ばれているが、ティエドールを嫌う理由はそのせいかと思われる。ノアであるティキ・ミックからは、「包丁使い」と呼ばれ、それが気に触れたのかティキの事は「虫使い」と呼ぶ。

彼の肉体は驚異的な回復力とアクマの血のウイルスに対する耐性があるが、これは命の残量と胸に書かれた梵字と関係があるらしく、回復する度に梵字が大きくなっている。最近ではスキン・ボリックとの死闘(後でアレンに胸の梵字が広がったと指摘されている)、Lv4との戦闘で大きくなってきている。また、神田にだけ見える「蓮の花」があリ、それもこの事と関係がありそうである。

死ぬまでに再会したい人がいるが詳しくは不明。自身の持ち物は黒の教団内の自室にある蓮の花を浮かべた透明な羊水がはいった砂時計のみ。自室の窓ガラスは割れており、直す気はない様子。

チャン家とエプスタイン家が人造使徒計画で創り出した第二(セカンド)エクソシスト。幼い頃、被験体「YU」として過ごしてきた。そこで出会ったもう一人の被験体であるアルマ=カルマと友達だったが、9年前、アルマが暴走したため彼を再生できなくなるまでバラバラに破壊した。教団、中央庁はこれを、『9年前の惨劇』と呼んでいる。


神田ユウ
神田ユウ
神田ユウ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:D.Gray-man - ジャンル:アニメ・コミック

ラビ (Lavi)

誕生日 - 8月10日(獅子座)
年齢 - 18歳
身長 - 179cm
体重 - 62kg
血液型 - O型
国籍 - 不明
趣味 - 読書
好物 - 焼肉、睡眠
嫌いな物 - わさび

ブックマンの一族の者で、次期ブックマン後継者。

様々な異種族の血を引いている。語尾に「〜さ」をつけるのが特徴。本名はブックマンの跡継ぎとなった時に捨てたらしい。現在の名称「ラビ」は49番目の名前で、エクソシストになった時に付けたもの。16歳の頃に黒の教団に入団し、現在は入団2年目。クロス部隊に所属しており、彼らからは「ジュニア(Jr)」と呼ばれている。額にうろこのような模様が入った黒いヘアバンドを巻き、赤い髪でオレンジ色のマフラー(実際は首巻)をしている。教団に入る前の記録地(ログ)での名前は「ディック(スペルは"dick")」。 タレ眼で、瞳の色は翡翠色。一人称は「オレ」。

軽薄な性格に見えるが、実は非常に頭脳明晰かつ、ドライでシビアな思考を持ち、分析力に長ける。 何かと倒したAKUMAの数など数値を記憶する癖があり、一度見たものは隅から隅まで、形・汚れなど頭に記憶している。 好きな女性のタイプは未亡人。対象の女性は下は10歳から上は40歳まで範囲内で顔(この件について単行本のおまけコーナーで本人が語るには、中身=性格も)を重視している。自分の好みの女性をみつけると(AKUMAやノアでも)ストライクする。教団内の自室はブックマンと同室で十五畳ぐらい、部屋は新聞だらけで足の踏み場もない状態。ベッドは二段ベッドでブックマンと共有しており、ブックマンが上段なのだがラビはそれに不服らしい。

右目に黒い眼帯をつけており、その右目がブックマンになることを決定づけたらしいが、詳細不明。師匠ブックマンと同様、完全に黒の教団に属しているわけではなく、あくまで真の歴史を中立の立場から記録するためにエクソシスト側についているに過ぎないのだが、完全中立の立場をとれずに師匠であるブックマンに注意を受けることもしばしば。本人はエクソシストと千年伯爵の戦争に「記録者」「傍観者」として存在することを割り切れず悩んでいた。


ラビ
ラビ
ラビ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:D.Gray-man - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
273位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。