孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ホシノ・ルリ

ナデシコオペレーター。11歳。

特殊なIFS強化体質であり、遺伝子操作によって生まれた。愛称はミナト考案の「ルリルリ」。主な口癖は「バカばっか」である。なぜか初期だけキャラクターがやけに通常と違っていた。ナデシコのメインコンピュータである「オモイカネ」は、ルリの良き友人である。

始めの頃はあまり感情や表情を表に出す事は無く、鋭いツッコミ役であったが、ナデシコのクルーとの出会いにより、少しずつ多彩な主張や笑顔を表すようになっていった。最後には、自分もバカ(=ナデシコの一員)である事を自覚し、以降「バカばっか」という口癖を言わなくなる。「バカばっか」という言葉は他人との付き合い方を知らず、他人に興味を持っていなかった時の彼女を象徴するセリフであった。(後の『NADESICO THE MISSION』で一度復活しているが、これは敵を挑発する為、あるいは一種のファンサービスと言える)

彼女は本来子宝に恵まれなかった中立国家「ピースランド」の国王夫妻による試験管ベビーであった。彼女の肌と髪の色は遺伝子的な母であるピースランド国の女王ゆずりである(遺伝子操作が原因ではない)。現在の国王夫妻には、ルリの弟にあたる王子達が大変多くいる。

ルリの受精卵はピースランドで起こった爆破テロ事件後にスカンジナビア半島にある施設に送られ、その所長により遺伝子操作を施された後にルリが生まれ、やはり遺伝子操作された子どもたちとともに英才教育を受けた。ルリはそこで自分を励ましていた「両親」が実は映像によるものであったことを知りショックを受けた。国王夫妻は生まれる前のテロ事件で行方知れずとなってしまったルリを捜し求め、共に暮らす事を強く希望したが、結局ルリは彼らよりナデシコでの暮らしを選んだようである。そのナデシコでの生活へのルリの想いの強さは、終盤の思い出と引き換えになってしまう演算ユニット破壊案を否定する時にも垣間見る事が出来た。

終戦後はルリの行き先を巡ってユリカとミナトが争った末に、結果最初はミスマル家に身を置いていた。しかしある事情により家出を決意したユリカに共に連れられ、アキトの家に転がり込む事になる。アキトのラーメン屋台を手伝う際には、チャルメラを吹いたりしていた。その後アキト達が飛行機事故で死んだ(と思われていた)直後には、かなり深くふさぎこんでしまう。その間はミナトとユキナの家で過ごしていた。しかし時間を重ね、またサブロウタやハーリーと出会っていく事で立ち直り、ミナトの家を離れ軍に復帰、ナデシコBで活躍していく事になる。

なお、OP前のアバンを担当。また、視聴者に向けてしゃべりかける場面も多々ある(監督の佐藤竜雄が得意とするメタフィクション演出である)。


ホシノルリ
ホシノルリ
ホシノルリ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


スポンサーサイト

ミスマル・ユリカ

初代ナデシコ艦長。20歳。

名字は漢字で御統。アキトとは幼少期ご近所であった。幼少期を火星で過ごしその後地球に移住。地球連合大学を卒業後ネルガル重工にスカウトされナデシコに向かう際、偶然アキトと再会する。地球連合大学時代に戦略シミュレーションで無敗を誇る逸材。基本は私情やおとぼけによるミスが多い。

性格はかなりの楽天家で天然。アキトに日夜猛烈なアタックを掛けるが、当人からは煙たがられていた。料理の腕前は壊滅的。終戦後はルリの行き先を巡りミナトと争うが、結果ルリをミスマル家に引き取る事に成功する。しかし些細な件で父コウイチロウと親子喧嘩をした事で、ルリを連れてアキトの元へ押し掛け、3人で共同生活を送る事となる。といってもその間も基本的には軍へ仕事に行っていた。後にアキトとコウイチロウのラーメン勝負を経てアキトとの結婚を認められる。

劇場版では、25歳。階級は大佐と呼ばれていた。新婚旅行出発の際アキトと共に拉致されていた。しかし、ユリカはアキトの様に体に目立った異常が現れるような人体実験はされていない。劇中でシラヒメからアマテラスへ移送された際に、演算ユニットに組み込まれて「人間翻訳機」として利用されてしまう。しかし最後には旧ナデシコクルーによって救出される。

劇場版後を舞台にしたDC用ゲーム『NADESICO THE MISSION』では、地上の内勤であったが、ジュンやエリナ、ユキナと共に、ナデシコCを届けに現れ健在の姿を見せている。が、サブロウタのエステバリスを持ち出して、相変わらずな傍迷惑振りを見せている。

漫画版では、中盤にイネスによって拉致され、大和に渡りスサノオにもう一人の彼女―――卑弥呼の代わりとして祀り上げられる(卑弥呼本人は既に死亡しており、最終話で魂がユリカに語りかけていた)。


ミスマル・ユリカ
ミスマル・ユリカ
ミスマル・ユリカ
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ホシノ・ルリ

ナデシコオペレーター。11歳。

特殊なIFS強化体質であり、遺伝子操作によって生まれている。愛称はミナト考案の「ルリルリ」。主な口癖は「バカばっか」である。なぜか初期だけキャラクターがやけに通常と違っていた。ナデシコのメインコンピュータである「オモイカネ」は、ルリの良き友人である。

始めの頃はあまり感情や表情を表に出す事は無く、鋭いツッコミ役であったが、ナデシコのクルーとの出会いにより、少しずつ多彩な主張や笑顔を表すようになっていった。最後には、自分もバカ(=ナデシコの一員)である事を自覚し、以降「バカばっか」という口癖を言わなくなる。「バカばっか」という言葉は他人との付き合い方を知らず、他人に興味を持っていなかった時の彼女を象徴するセリフであった。(後の『NADESICO THE MISSION』で一度復活しているが、これは敵を挑発する為、あるいは一種のファンサービスと言える)

彼女は本来子宝に恵まれなかった中立国家「ピースランド」の国王夫妻による試験管ベビーであった。彼女の肌と髪の色は遺伝子的な母であるピースランド国の女王ゆずりである(遺伝子操作が原因ではない)。現在の国王夫妻には、ルリの弟にあたる王子達が大変多くいる。国王夫妻は生まれる前の時点で行方知れずとなってしまったルリを捜し求め、共に暮らす事を強く希望したが、結局ルリは彼らよりナデシコでの暮らしを選んだようである。そのナデシコでの生活へのルリの想いの強さは、終盤の思い出と引き換えになってしまう演算ユニット破壊案を否定する時にも垣間見る事が出来た。


終戦後はルリの行き先を巡ってユリカとミナトが争った末に、結果最初はミスマル家に身を置いていた。しかしある事情により家出を決意したユリカに共に連れられ、アキトの家に転がり込む事になる。アキトのラーメン屋台を手伝う際には、チャルメラを吹いたりしていた。その後アキト達が飛行機事故で死んだ(と思われていた)直後には、かなり深くふさぎこんでしまう。その間はミナトとユキナの家で過ごしていた。しかし時間を重ね、またサブロウタやハーリーと出会っていく事で立ち直り、ミナトの家を離れ軍に復帰、ナデシコBで活躍していく事になる。

なお、OP前のアバンを担当。また、視聴者に向けてしゃべりかける場面も多々ある(監督の佐藤竜雄が得意とするメタフィクション演出である)。

劇場版では、主人公を務める。ナデシコB、ナデシコC艦長。階級は少佐。16歳に成長している。

ホシノルリ
ホシノルリ
ホシノルリ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ミスマル・ユリカ

初代ナデシコ艦長。20歳。アキトとは幼少期ご近所であった。幼少期を火星で過ごしその後地球に移住。地球連合大学を卒業後ネルガル重工にスカウトされナデシコに向かう際、偶然アキトと再会する。地球連合大学時代に戦略シミュレーションで無敗を誇る逸材。基本は私情やおとぼけによるミスが多い。

性格はかなりの楽天家で天然。アキトに日夜猛烈なアタックを掛けるが、当人からは煙たがられていた。料理の腕前は壊滅的。終戦後はルリの行き先を巡りミナトと争うが、結果ルリをミスマル家に引き取る事に成功する。しかし些細な件で父コウイチロウと親子喧嘩をした事で、ルリを連れてアキトの元へ押し掛け、3人で共同生活を送る事となる。といってもその間も基本的には軍へ仕事に行っていた。後にアキトとコウイチロウのラーメン勝負を経てアキトとの結婚を認められる。

劇場版では、25歳。階級は大佐と呼ばれていた。新婚旅行出発の際アキトと共に拉致されていた。しかし、ユリカはアキトの様に体に目立った異常が現れるような人体実験はされていない。劇中でシラヒメからアマテラスへ移送された際に、演算ユニットに組み込まれて「人間翻訳機」として利用されてしまう。しかし最後には旧ナデシコクルーによって救出される。

劇場版後を舞台にしたDC用ゲーム『NADESICO THE MISSION』では、地上の内勤であったが、ジュンやエリナ、ユキナと共に、ナデシコCを届けに現れ健在の姿を見せている。が、サブロウタのエステバリスを持ち出して、相変わらずな傍迷惑振りを見せている。


ミスマルユリカ
ミスマルユリカ
ミスマルユリカ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



ホシノ・ルリ

ナデシコオペレーター。11歳。特殊なIFS強化体質であり、遺伝子操作によって生まれている。愛称はミナト考案の「ルリルリ」。主な口癖は「バカばっか」である。なぜか初期だけキャラクターがやけに通常と違っていた。ナデシコのメインコンピュータである「オモイカネ」は、ルリの良き友人である。
始めの頃はあまり感情や表情を表に出す事は無く、鋭いツッコミ役であったが、ナデシコのクルーとの出会いにより、少しずつ多彩な主張や笑顔を表すようになっていった。最後には、自分もバカ(=ナデシコの一員)である事を自覚し、以降「バカばっか」という口癖を言わなくなる。「バカばっか」という言葉は他人との付き合い方を知らず、他人に興味を持っていなかった時の彼女を象徴するセリフであった。(後の『NADESICO THE MISSION』で一度復活しているが、これは敵を挑発する為、あるいは一種のファンサービスと言える)

劇場版では、主人公を務める。ナデシコB、ナデシコC艦長。階級は少佐。16歳に成長している。劇中に至るまで、ナデシコBの艦長として幾多の事件を解決し活躍していた。世間では「史上最年少の天才美少女艦長」と呼ばれ、大人から子供までもが知っている人気ぶりである。またアララギ艦隊には、艦長のアララギやその部下達から「宇宙の宝」「電子の妖精」と称されていた。ただ、彼らに限らず火星の後継者の北辰やヤマサキ博士までもが、ルリを「妖精」と呼んでいたりする(電子の妖精も世間的な愛称なのか、それとも誰もがルリを見ると妖精を強くイメージするのかは不明)。最後には何を言わず姿を消したアキトに対して、一人帰ってくる事を信じ、帰ってこなければ大切な人だから追っかけると公言する。


ルリ
ルリ
ルリ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



機動戦艦ナデシコ(きどうせんかん-)

本作は宇宙及び宇宙戦艦を主要な舞台としてリアルロボットが活躍するSFアニメでありながら、ラブコメディー要素も取り入れた作品である。一見するとラブコメディー要素が強く取っ付きやすい作風だが、SF設定に関しては重厚な要素も含んでおり、伏線も何重にも張り巡らされている為読み解くのは意外に難解である。作品の起点としては、「ある意味ベタな、普通にマニアックな作品」(同作品のプロデューサーである大月俊倫が、本作の監督である佐藤竜雄にアドバイスした)となっており、放送時期が近く度々比較対象に挙げられた『新世紀エヴァンゲリオン』とは全く異なる方向性からスタートしている。漫画版でのタイトルは『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』。

また、この作品は細部への偏執的とも言える拘りが特徴で、その最たるものは、劇中劇として度々登場する熱血巨大ロボットアニメ『ゲキ・ガンガー3』である。専門のチームまで編成され、1970年代のロボットアニメの味を忠実に再現し、本作のテーマ性を横から強く支えるものとなっている。

物語自体は、激化する戦争の結末や古代火星文明の謎等、結局描かないまま終了。戦争の結末は、その後に公開された劇場版やゲームで補完されてゆく事になるが、謎は謎のままで残った部分も多い。脚本家として参加した首藤剛志はWEBアニメスタイル内の自コラム「シナリオえーだば創作術」にて「僕がシリーズ構成なら、100話以上は続くナデシコという戦艦を主人公……つまり、舞台が主人公という意味の集団群衆ドラマにするしかない」「映画で続編が作られたにしても、26話で終わらせるにはもったいない企画だった」と当時を振り返っている。


機動戦艦ナデシコ
機動戦艦ナデシコ
機動戦艦ナデシコ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
159位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。