孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



『絶対可憐チルドレン』(ぜったいかれんチルドレン)

日本に3名しか確認されていない最高のレベル7の超能力を持つ少女たちと運用主任で構成されるチーム。

3人とも普段は普通の学校に通っている(小学4年の途中より。それまではバベルでの特別教育)が、機密保持のため周囲にはレベル2と偽っている。作中、彼女らの背中に光る天使の羽根のようなものが確認されることがあるが、実際に確認したのは皆本と兵部、澪だけであり、はっきりしたことも判っていない。

彼女らは精神的に実年齢らしい情緒面の未成熟さが垣間見えるが、その一方で桁外れの能力を持つ事による「普通の子供に、なりたくてもなれない」という冷めた自己認識がある。作中「普通の人々」に代表されるエスパーへの疑念を受けて、現在の立場への鬱屈がくすぶっているような描写(主に薫)が時々ある。 能力と情緒のアンバランスさ、そして「日本の宝」だとする桐壺の甘やかしで、彼女らは周囲が手を焼くほどの我侭ぶりを見せている。特に、皆本に出会う前はその性悪な性格は酷く荒みきっていたが、心を許せる皆本との出会いによりかなり丸くなってきた。

現場運用主任は皆本光一。作中ではチルドレンの前の担当として5人の運用主任が確認されているが、そのうち4人はチルドレンによる精神的か肉体的な暴力で重傷を負い辞めている。薫達は何か理由があるようだが、作中では明らかになっていない。皆本の前任だった須磨貴理子も力で抑え付けようとしたが、これもうまくいかずに叩き出された。しかし皆本に対しては我侭ぶりを見せる反面、慕ってもおり、皆本がバベルを辞めると言い出した時は思わず号泣して能力を暴走させた。 普段の生活ではESPリミッターにより能力を抑えられているが、任務の際には皆本がリミッターを解除して本来の能力を発揮する。超能力そのものは他を圧倒するほど強いが、応用技術が未熟なため指揮官・皆本による補助が不可欠。以前は幼い彼女達には負担が掛かり過ぎるという皆本の判断で、能力の応用的利用は教えられていなかったが、最近ではサイコキネシスで模型を作るといった、能力の制御、コントロールに焦点を当てた訓練も行われているようである。

皆本が開発したESPリミッターに搭載されているブースト機能で、葵と紫穂の能力を薫に上乗せする「トリプルブースト」により、さらに強力な能力を一時的に使うことができる。ただし、その代償として効果が切れてからしばらくは薫はサイコキネシスを使うことができない。リミッターには通信機能もあり、皆本が傍にいない場合の指示はここから出される。また無断で取り外したりすると、皆本の携帯に連絡がいくようになっている。現在の物には搭載されていないが、ECCM(超能力者対抗対抗装置)がついていたこともあった。なおECCMとECM(超能力者対抗装置)は皆本の携帯に搭載されている。

チルドレンの特務制服は小学生編では水色でボタンが4つ(上に2つ、下に2つ)ついたブレザーに白いミニスカート、白いブラウス、頭にはベレー帽を被り、足は黒いハイソックス、革靴を着用。襟元には幅広のリボンをしていた。中学生編ではブレザーはプルオーバータイプで、左腕にバベルのロゴ入りエンブレム、右腕にそれぞれのナンバーがプリントされている物に変更され、襟元もリボンからネクタイに、足もハイソックスからニーソックスになった。なお、薫だけはベレー帽を被っておらず、小学生編では革靴の代わりに赤いスニーカーを履いていた。リボン、ネクタイとベレー帽の色は各自異なる。 メアリーはザ・チルドレンの制服のミニスカは駄目だと言っているが、皆本がザ・チルドレンの主任になってから薫が制服にミニスカを希望し、それが通ったようだ。ちなみにその意図は「葵と紫穂のがチラチラ見えた方がやる気が出る」という彼女のオヤジ趣味から来ている。なお、皆本がチルドレンの3人と初めて出会った時はミニスカの制服ではなく、私服の上にジャケットのような物を羽織っていた。


絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


スポンサーサイト

『絶対可憐チルドレン』(ぜったいかれんチルドレン)

21世紀、超能力者(エスパー)は増え続けていた。彼らは軍事、外交、経済等あらゆる分野で活躍し、国際競争の鍵を握っていた。しかし超度(レベル)4以上の者は全体の約3%、中でも日本国内に存在する最高ランク・超度7は、内務省特務機関超能力支援研究局・通称:B.A.B.E.L.(バベル)に所属する、チーム「ザ・チルドレン」の明石薫、野上葵、三宮紫穂の3人だけ。

彼女達は、日本の将来に大きな利益をもたらすと期待される反面、もし普通人(ノーマル)と敵対することになれば、止めることが出来ない、危険な存在でもあった。そんな彼女達を正しい方向に導き、近い将来発生すると予知された、「普通人と超能力者の最終戦争(ハルマゲドン)」を避ける役目を与えられたのが、現場運用主任の皆本光一である。

彼は極めて性格に難のある、おませでじゃじゃ馬な彼女達に翻弄されながらも、4人で様々な事件を解決していく。



絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



『絶対可憐チルドレン』(ぜったいかれん - )

21世紀、超能力者(エスパー)は増えつづけていた。彼らは軍事、外交、経済等あらゆる分野で活躍し、国際競争の鍵を握っていた。しかし超度(レベル)4以上の者は全体の約3%、中でも日本国内に存在する最高ランク・超度7は、内務省特務機関超能力支援研究局・通称:B.A.B.E.L.(バベル)に所属する、チーム「ザ・チルドレン」の明石薫、野上葵、三宮紫穂の3人だけ。

彼女達は、日本の将来に大きな利益をもたらすと期待される反面、もし普通人(ノーマル)と敵対することになれば、止めることが出来ない、危険な存在でもあった。そんな彼女達を正しい方向に導き、近い将来発生すると予知された、「普通人と超能力者の最終戦争(ハルマゲドン)」を避ける役目を与えられたのが、現場運用主任の皆本光一である。

彼は極めて性格に難のある、おませでじゃじゃ馬な彼女達に翻弄されながらも、4人で様々な事件を解決していく。



絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン
絶対可憐チルドレン


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
232位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。