孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



シャナ(Shana)

、“天壌の劫火”アラストールと契約した『炎髪灼眼の討ち手』という称号を持つフレイムヘイズ。アニメの設定では身長141cm。容姿は腰の下まである長い髪を持ち、凛々しい又は可愛らしい顔立ちと称される少女。見た目の年齢は11、2歳前後に見えるが不老であるため実年齢は不詳。契約した時は12歳以上、フレイムヘイズとなったのは数年前で、未だ人間だった時間の方が長い。都合が悪いと「うるさいうるさいうるさい」と言ってごまかす癖がある。

赤ん坊の頃、日本で捨て子となっていた所を、新たな『炎髪灼眼の討ち手』となる人材を探していたヴィルヘルミナ・カルメルに拾われ『天道宮』に連れていかれる。新たな『炎髪灼眼の討ち手』に「復讐者としてのメンタリティを持たない、使命に純粋なフレイムヘイズであること」を求めたアラストールの意向により、そのまま名前を付けられず、フレイムヘイズとしての徹底した英才教育を受けて育った。

フレイムヘイズとして契約し旅立った後、数人のフレイムヘイズ(シャナ曰く「お喋り男に爆弾女、乱暴絵描きに弾き語り、偏執狂に肝っ玉母さん」)と出会っており、その内「肝っ玉母さん(ムッタークラージェ)」はゾフィー・サバリッシュ、「お喋り男」はピエトロ・モンテヴェルディ、「爆弾女」はレベッカ・リード、「偏執狂」はセシリア・ロドリーゴだと判明しているが、その他のフレイムヘイズたちの詳細は不明。そして悠二と出逢う直前に、日本のとある田舎町を訪ねた後に御崎市へと至る。

悠二と出逢った物語開始当初はトーチである悠二を「モノ」として扱っていたが、戦いの中で悠二に次第に好意を抱いていく。「使命に純粋なフレイムヘイズ」として育てられ、本人もそうある事に全力で生きていたため、人間としての一般常識に欠け、特に人の感情に関する知識は極端に乏しかった。ゆえに、悠二に対する想いの芽生えを発端とする、使命に生きる喜びとは違う衝動の発生に戸惑っていたが、後に悠二への好意を自覚し、好意をハッキリと見せるようになる。その過程で、想いを同じくする吉田一美と度々張り合ったものの、次第に友人としてお互いを認めていった。

悠二と知り合った後に、トーチだった平井ゆかりに存在を割り込ませており、周囲の人間からは「平井ゆかり」と認識され、「シャナ」はあだ名扱いである。その「シャナ」の名は、悠二が「本物の平井ゆかり」と区別するために、彼女の武器である『贄殿遮那』から名付けたものであるが、それがフレイムヘイズではない「少女としての一個人」を形成するきっかけとなった(アニメ版では平井ゆかりに成り代わるよりも前である)。それ以前は『贄殿遮那』のフレイムヘイズと名乗っていたが、フリアグネとの戦い以降は自らも「シャナ」と名乗るようになる。

シャナ
シャナ
シャナ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


スポンサーサイト

シャナ(Shana)

、“天壌の劫火”アラストールと契約した『炎髪灼眼の討ち手』という称号を持つフレイムヘイズ。アニメの設定では身長141cm。容姿は腰の下まである長い髪を持ち、凛々しい又は可愛らしい顔立ちと称される少女。見た目の年齢は11、2歳前後に見えるが不老であるため実年齢は不詳。契約した時は12歳以上、フレイムヘイズとなったのは数年前で、未だ人間だった時間の方が長い。都合が悪いと「うるさいうるさいうるさい」と言ってごまかす癖がある。

赤ん坊の頃、日本で捨て子となっていた所を、新たな『炎髪灼眼の討ち手』となる人材を探していたヴィルヘルミナ・カルメルに拾われ『天道宮』に連れていかれる。新たな『炎髪灼眼の討ち手』に「復讐者としてのメンタリティを持たない、使命に純粋なフレイムヘイズであること」を求めたアラストールの意向により、そのまま名前を付けられず、フレイムヘイズとしての徹底した英才教育を受けて育った。

フレイムヘイズとして契約し旅立った後、数人のフレイムヘイズ(シャナ曰く「お喋り男に爆弾女、乱暴絵描きに弾き語り、偏執狂に肝っ玉母さん」)と出会っており、その内「肝っ玉母さん(ムッタークラージェ)」はゾフィー・サバリッシュ、「お喋り男」はピエトロ・モンテヴェルディ、「爆弾女」はレベッカ・リード、「偏執狂」はセシリア・ロドリーゴだと判明しているが、その他のフレイムヘイズたちの詳細は不明。そして悠二と出逢う直前に、日本のとある田舎町を訪ねた後に御崎市へと至る。

悠二と出逢った物語開始当初はトーチである悠二を「モノ」として扱っていたが、戦いの中で悠二に次第に好意を抱いていく。「使命に純粋なフレイムヘイズ」として育てられ、本人もそうある事に全力で生きていたため、人間としての一般常識に欠け、特に人の感情に関する知識は極端に乏しかった。ゆえに、悠二に対する想いの芽生えを発端とする、使命に生きる喜びとは違う衝動の発生に戸惑っていたが、後に悠二への好意を自覚し、好意をハッキリと見せるようになる。その過程で、想いを同じくする吉田一美と度々張り合ったものの、次第に友人としてお互いを認めていった。

悠二と知り合った後に、トーチだった平井ゆかりに存在を割り込ませており、周囲の人間からは「平井ゆかり」と認識され、「シャナ」はあだ名扱いである。その「シャナ」の名は、悠二が「本物の平井ゆかり」と区別するために、彼女の武器である『贄殿遮那』から名付けたものであるが、それがフレイムヘイズではない「少女としての一個人」を形成するきっかけとなった(アニメ版では平井ゆかりに成り代わるよりも前である)。それ以前は『贄殿遮那』のフレイムヘイズと名乗っていたが、フリアグネとの戦い以降は自らも「シャナ」と名乗るようになる。


シャナ
シャナ
シャナ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
280位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。