孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



西野つかさ(にしの つかさ)

初巻から登場するメインヒロインの一人。
身長158cm、血液型B、誕生日は9月16日、Bカップ(高校時)。好きな食べ物はチェリーパイ。真中への呼称は「淳平君」。

中学・高校を通してアイドル的存在。何度異性から告白されても常に断ってきたが、中3の冬、真中に懸垂で告白され、「君なら私を楽しませてくれそう」とOKし付き合うこととなる(実は、真中が告白するより以前、真中が綾と出会う以前から真中の存在を知っていたことが、本人の口から語られている)。別々の高校へ進学後もギリギリのところで関係は続いていたものの、真中の気持ちが自分から離れていっていることを悟り、高1の冬に自ら別れを切り出す。その後しばらく真中との関わりはなかったが、高2の時にバイト先が近いことから真中と再会。映画のヒロインや修学旅行など様々な出来事を経た事で心境に変化が起き、再び真中と付き合うことに。ケーキ屋「パティスリー鶴屋」でバイトをする中で、店長の孫であり世界的なパティシエである日暮の作るケーキに感銘を受け、パティシエ(正確にはパティシエール)を目指すようになる。また一時期、日暮との結婚が噂され、雑誌に載るまでの騒ぎになったこともある。そして日暮のようなパティシエになるという夢を叶えるために高校卒業後、フランスへ留学。その際に真中との関係を白紙に戻すことになるが、4年後日本へ帰国し、三たび真中と結ばれることとなる。

普通の女の子とは好みや趣味がちょっと違った、どこか謎めいた部分を持っており、作者本人も「イメージが掴み難いキャラクターに日々苦悩している」と語っている。初登場 - 高校受験頃までは綾と対比するような形で今風のサバサバした性格を見せていたが、その後、女の子らしい感情を見せるようになる。中学時代の携帯の着メロは笑点のテーマで、桂歌丸が好きであるとコメントしている。女子校である桜海学園進学後も男の取り巻きに追われるほどの人気者。豊満な印象のある綾やさつきとは対照的に、自分の胸が小さいことをかなり気にしている。また、当初は料理下手だったが、クッキングスクールに通い始めてからは上達していき、度々真中に弁当を作っている。

性格は明るく、男を引っ張っていく積極性を併せ持つ。恋愛の駆け引きも、東城や北大路に比べて上手い。ただし、時に嫉妬深くなったり怒りっぽくなったりという一面も。ちなみに、いちごのパンツを頻繁に履いており、同じ柄のひもパンも履いた事がある。但しTバックは「エロい」と言う事を理由に履くことを嫌う。真中からいちごパンツをもらったことがあり、それからはそのパンツを頻繁にはいている描写がある。

西野つかさ
西野つかさ
西野つかさ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


スポンサーサイト
テーマ:いちご100% - ジャンル:アニメ・コミック

東城綾(とうじょう あや)

初巻から登場するメインヒロインの一人で、「いちごパンツの女の子」の正体。
身長159cm、血液型A、誕生日は1月14日、Eカップ(高校時)。好きな食べ物はクレープ。真中への呼称は「真中君」。

性格は、おしとやかで恥ずかしがり屋。悪く言えば内向的で自分に自信がないが、真中や小説への内に秘める情熱は強い。運動能力は低く、少々ドジで天然ボケな所があり、真中曰く「普通の人間の三倍は転んでいる」。しかし成績は優秀であり、高校では、文芸部にて小説を書きつづける傍ら、年一回行なわれる秋の文化祭(嵐泉祭)に出展する映画作品の脚本も一人で手がける。小説家の才能も開花してゆき、その実力は文芸誌の賞を10代で獲得するほど。ただし、カラオケと料理は苦手。

眼鏡に三つ編みが初期のトレードマークであったが、西野や真中に勧められ前髪をおろし、高校入学時にはコンタクトレンズを付けて髪を解き、第1話初登場時の姿でいるようになった。その美貌から、校内ではかなりの人気があるようだ。また、眼鏡無し東城と眼鏡有り三つ編み東城では、あまりにも大きな差があるらしく、同一人物であると気付かない人が多い。

小説を書き始めた元々の動機は受験や孤独からの現実逃避であり、自分の世界に閉じこもりがちだったが、そんな自分を真中に肯定してもらえたことがきっかけで、真中に恋をすることになる。様々な点から4大ヒロインの中でもっとも有利なポジションにいながらも、その内気な性格が災いしてなかなか真中に告白できずにいた。高校最後の文化祭後に意を決して真中に告白するものの、「今は西野を大切にしたい」と言われ、振られてしまう。その後も真中に対する恋心は消せないでいたが、真中の大学受験当日、受験帰りの真中に自分の決意と真中への感謝を語ることで、真中への想いを心の奥深くにしまうのだった。

高校卒業後、名門である慶法大学文学部へ進学。本格的に小説家の道へ進み、直林賞(直木賞のパロディ)を受賞。後に北大路の働く旅館に映研メンバーが集まった際、真中に「夢は泉坂コンビでアカデミー賞獲得だね」と語った。
性格がよく才色兼備だが決して完璧ではないというヒロイン像は、ある意味標準的とも言える。


東城綾
東城綾
東城綾


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:いちご100% - ジャンル:アニメ・コミック

北大路さつき(きたおおじ さつき)

2巻(真中の高校入学時)から登場するヒロインの一人。

身長162cm、血液型O、誕生日は5月3日、Gカップ(高校時)。好きな食べ物は焼肉。兄弟が多い(描写を見る限り長女であり、兄、自分、弟、妹といった兄弟構成)。真中への呼称は「真中」。

ポニーテールがトレードマーク。一時期は髪の毛を下ろしたロング姿で登校していたが、後に髪型を元のポニーテールに戻した(アニメ版は彼女が登場した全話にわたってポニーテールのままである)。
泉坂高校には真中・小宮山同様補欠で入学。登場時は真中と敵対していたが徐々に打ち解け、次第に恋心が芽生える。真中と趣味や価値観が非常に似通っているところがある模様。運動神経は抜群だが、成績は悪い。大胆なアプローチをすることが多く、非常に積極的で活発な女の子である。悪く言えば少々ヤンデレ気味で、その行動は一見強引だが、自分の感情にストレートに従っているだけであり、心根は純真で、報われなくてもめげることなく真中をまっすぐに想い続ける一途な面がある。

高校時代前半は、真中と気が合うことやその大胆な性格から彼の心を引き寄せていたが、次第に自分の恋が実らないと思い始め、高3の春に自ら真中と恋愛関係になることをあきらめ、友達として側にいることを決意。その後しばらくは友達として接していたものの、やはり真中を想う気持ちは抑えられず、再び真中へのアプローチを開始することに。それは真中が西野との交際を再開したことを知った後もしばらく続いたが、西野への想いを理由に真中が東城の告白を断るところを偶然目撃し、真中の西野への真剣な好意と認め、その後は真中争奪戦から身を引くこととなる。
両親のけんかから始まった離婚騒動により、一時期は転校するという話も持ち上がり、大勢から悲しまれ、涙ながらの別れをしたものの、その喧嘩の内容が大したことではなくすぐに仲直りしたため結局白紙になった。

ヒロイン陣の中でも抜群を誇るプロポーションと社交的な性格から他の運動部の男子に人気が高く、文化祭の日に拉致されたことがある。
高校卒業後は進学せず、親戚が営んでいる京都の料亭の女将を継ぐことにした。また、高校卒業後の美鈴が同じ京都在住という事から、彼女ともよく会っている。

北大路さつき
北大路さつき
北大路さつき1024x768
北大路さつき1280x960


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:いちご100% - ジャンル:アニメ・コミック

西野つかさ(にしの つかさ)

初巻から登場するメインヒロインの一人。
身長158cm、血液型B、誕生日は9月16日、Bカップ(高校時)。好きな食べ物はチェリーパイ。真中への呼称は「淳平君」。

中学・高校を通してアイドル的存在。何度異性から告白されても常に断ってきたが、中3の冬、真中に懸垂で告白され、「君なら私を楽しませてくれそう」とOKし付き合うこととなる(実は、真中が告白するより以前、真中が綾と出会う以前から真中の存在を知っていたことが、本人の口から語られている)。別々の高校へ進学後もギリギリのところで関係は続いていたものの、真中の気持ちが自分から離れていっていることを悟り、高1の冬に自ら別れを切り出す。その後しばらく真中との関わりはなかったが、高2の時にバイト先が近いことから真中と再会。映画のヒロインや修学旅行など様々な出来事を経た事で心境に変化が起き、再び真中と付き合うことに。ケーキ屋「パティスリー鶴屋」でバイトをする中で、店長の孫であり世界的なパティシエである日暮の作るケーキに感銘を受け、パティシエ(正確にはパティシエール)を目指すようになる。また一時期、日暮との結婚が噂され、雑誌に載るまでの騒ぎになったこともある。そして日暮のようなパティシエになるという夢を叶えるために高校卒業後、フランスへ留学。その際に真中との関係を白紙に戻すことになるが、4年後日本へ帰国し、三たび真中と結ばれることとなる。

普通の女の子とは好みや趣味がちょっと違った、どこか謎めいた部分を持っており、作者本人も「イメージが掴み難いキャラクターに日々苦悩している」と語っている。初登場 - 高校受験頃までは綾と対比するような形で今風のサバサバした性格を見せていたが、その後、女の子らしい感情を見せるようになる。中学時代の携帯の着メロは笑点のテーマで、桂歌丸が好きであるとコメントしている。女子校である桜海学園進学後も男の取り巻きに追われるほどの人気者。豊満な印象のある綾やさつきとは対照的に、自分の胸が小さいことをかなり気にしている。また、当初は料理下手だったが、クッキングスクールに通い始めてからは上達していき、度々真中に弁当を作っている。

性格は明るく、男を引っ張っていく積極性を併せ持つ。恋愛の駆け引きも、東城や北大路に比べて上手い。ただし、時に嫉妬深くなったり怒りっぽくなったりという一面も。ちなみに、いちごのパンツを頻繁に履いており、同じ柄のひもパンも履いた事がある。但しTバックは「エロい」と言う事を理由に履くことを嫌う。真中からいちごパンツをもらったことがあり、それからはそのパンツを頻繁にはいている描写がある。

西野つかさ
西野つかさ
西野つかさ


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:いちご100% - ジャンル:アニメ・コミック

東城綾(とうじょう あや)

初巻から登場するメインヒロインの一人で、「いちごパンツの女の子」の正体。
身長159cm、血液型A、誕生日は1月14日、Eカップ(高校時)。好きな食べ物はクレープ。真中への呼称は「真中君」。

性格は、おしとやかで恥ずかしがり屋。悪く言えば内向的で自分に自信がないが、真中や小説への内に秘める情熱は強い。運動能力は低く、少々ドジで天然ボケな所があり、真中曰く「普通の人間の三倍は転んでいる」。しかし成績は優秀であり、高校では、文芸部にて小説を書きつづける傍ら、年一回行なわれる秋の文化祭(嵐泉祭)に出展する映画作品の脚本も一人で手がける。小説家の才能も開花してゆき、その実力は文芸誌の賞を10代で獲得するほど。ただし、カラオケと料理は苦手。

眼鏡に三つ編みが初期のトレードマークであったが、西野や真中に勧められ前髪をおろし、高校入学時にはコンタクトレンズを付けて髪を解き、第1話初登場時の姿でいるようになった。その美貌から、校内ではかなりの人気があるようだ。また、眼鏡無し東城と眼鏡有り三つ編み東城では、あまりにも大きな差があるらしく、同一人物であると気付かない人が多い。

小説を書き始めた元々の動機は受験や孤独からの現実逃避であり、自分の世界に閉じこもりがちだったが、そんな自分を真中に肯定してもらえたことがきっかけで、真中に恋をすることになる。様々な点から4大ヒロインの中でもっとも有利なポジションにいながらも、その内気な性格が災いしてなかなか真中に告白できずにいた。高校最後の文化祭後に意を決して真中に告白するものの、「今は西野を大切にしたい」と言われ、振られてしまう。その後も真中に対する恋心は消せないでいたが、真中の大学受験当日、受験帰りの真中に自分の決意と真中への感謝を語ることで、真中への想いを心の奥深くにしまうのだった。

高校卒業後、名門である慶法大学文学部へ進学。本格的に小説家の道へ進み、直林賞(直木賞のパロディ)を受賞。後に北大路の働く旅館に映研メンバーが集まった際、真中に「夢は泉坂コンビでアカデミー賞獲得だね」と語った。
性格がよく才色兼備だが決して完璧ではないというヒロイン像は、ある意味標準的とも言える。

東城綾
東城綾
東城綾



ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:いちご100% - ジャンル:アニメ・コミック

いちご100%

略称は「いち100」「いちご」「いちごヒャクパー」「いちパー」など。

中学3年生の真中淳平はある日の放課後、学校の屋上で偶然から美少女の「いちごパンツ」を目撃してしまう。以来、真中はその少女が誰であるかを探し求めるようになる。少女の名は東城綾。しかし真中は、その少女を学年トップアイドルの西野つかさだと勘違いし、不思議な関係が始まる…!?

その後西野と付き合うことになったものの、次第に東城に惹かれていく真中。そんな真中の様子に気付いた西野は、真中への想いを胸に秘めたまま、彼らとは別の高校へ進学する。

高校に入学した真中は、新しい同級生になった外村ヒロシ・北大路さつきを交え、中学時代からの友人である東城・小宮山とともに映像研究部を立ち上げる。彼らは、学校に残されていた過去の映像コンクール応募作品を発見し、それを超える作品をつくろうと、東城が脚本・真中が監督を担当し、文化祭での発表と映像コンクールへの応募を目指して作品を作り始める。

そして物語は、東城・西野・さつきによる真中をめぐる恋の混戦を描き出していく……。

なお、作中では真中の高校時代を主軸としながらも、中学3年の三学期から高校卒業の4年後までと合計7年余りの年月が経過している。



いちご100%
いちご100%
いちご100%
いちご100%


ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:いちご100% - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
257位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。