孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



鈴仙・優曇華院・イナバ(れいせん・うどんげいん・いなば)

月から逃げて来た兎。『求聞史紀』によれば、その能力は物事の波を操るものであり、その波長によって暢気、あるいは狂気へと精神を操り、その位相によって存在を接触不能にしたり知覚不能にし、その振幅によって無限遠方との意思疎通もあるいは隣の声すら聞こえなくすることも可能といった様々な用途がある。

また、その赤い瞳を見た者を狂気に堕として色々な幻視を見せる。具体的には『三月精』でてゐを探すために竹林の波長を操る事で錯覚を起こして竹林を封鎖したケースがあり、また『儚月抄』では月の兎と交信して現在の月についての情報を得ていた。この点について永琳が彼女を匿ったのは月の都の情報を得るという目論みもあったという。『三月精』でてゐが悪さをすると怒られるのは自分だと愚痴っており、悪い妖怪ではないが貧乏くじを引きやすいようだ。

本名は片仮名で「レイセン」のみであり、「鈴仙」は当て字、「優曇華院」は師匠の永琳がつけた愛称、「イナバ」は輝夜が付けた愛称である。

しかし永琳も輝夜も、『永夜抄』6面など本人の居ないところでは「鈴仙」と呼んでいる。そのような変なあだ名で呼ばれている腹いせに、本人は自身のスペルカードの漢字に妙な読み仮名をつけたらしい。月にいた頃は綿月豊姫のペットであり、「レイセン」の名は豊姫によって与えられたものである。豊姫の妹である綿月依姫の元で訓練を受けており、高い戦闘能力を持つ優秀な兎として評価されていたが、臆病で自分勝手な性格だったため戦争になる前の段階で逃げ出した。月の兎は総じて大げさで嘘吐きであるため、逃亡先である永遠亭では、戦いの中から命からがら逃げてきたと説明している。『永夜抄』撃破後の立ち絵から肌着に白いキャミソールを着用している模様。『花映塚』ではコスチュームが一新されブラウス姿になっている。

鈴仙・優曇華院・イナバ

鈴仙・優曇華院・イナバ

鈴仙・優曇華院・イナバ
スポンサーサイト
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://vsn0504595ro.blog44.fc2.com/tb.php/189-47bfe45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
182位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。