孔明妻の壁紙紹介

壁紙をひたすら紹介(自由にお取りください。無料です)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!



紅の豚

世界大恐慌時のイタリア・アドリア海を舞台に、飛行艇を乗り回す海賊ならぬ「空賊(空中海賊)」と、それを相手に賞金稼ぎで生きる「ブタ」の飛行艇乗りの物語。第一次世界大戦後の動乱の時代に生き、夢を追い求める男達の生き様を描く。

原案は月刊「モデルグラフィックス」誌の連載漫画記事「宮崎駿の雑想ノート」の「飛行艇時代」からで、本作はそれを膨らませたものである。生家が航空機産業に関係していたため、幼い頃から空を飛ぶことにあこがれていた宮崎が、自分の夢として描いた作品である。宮崎自身がその演出覚書において、「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のためのマンガ映画」にしたいと記している。以前から航空機の描写に定評のある宮崎なだけに、本作の空中戦の描写は秀逸であると高く評価されている。

本編制作中にプロデューサー鈴木敏夫の製作した宣伝用予告映像は、過激な空戦シーンを中心につないだ戦争映画さながらのものだった。まるで本編と方向性の異なるイメージで作られたそれに対し、宮崎は猛烈に怒ったという。

もともとは日本航空での機内上映用として製作が開始されたが、長編化したため劇場作品へと変更された。このため劇場公開より先に日本航空国際便機内で先行上映され、劇場公開後も機内上映は続けられた。

なお、2007年9月に日本航空国際線機内(一部機種をのぞく)で「紅の豚」の再上映が行われると発表された。

歌手の加藤登紀子が主題歌とエンディングを歌うと同時に声優としても出演している。

映画冒頭で日本テレビのマスコットキャラクター「なんだろう」が画面に登場し、日本語、イタリア語、韓国語、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、ロシア語、フランス語、ドイツ語の10カ国語の字幕で背景を解説する。「なんだろう」は宮崎駿がデザインしたキャラクターである。


紅の豚
紅の豚
紅の豚
スポンサーサイト
ランキングに参加しております。ランキングがあがったら管理人が喜びます(>▽<)
↓のボタンをクリックしてください!!


テーマ:ジブリ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://vsn0504595ro.blog44.fc2.com/tb.php/603-2290ddac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

黄☆月英

Author:黄☆月英
壁紙をひたすら紹介

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
239位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。